2019年1月16日水曜日

「先輩に聞く、語学学習のススメ」

 フランス語と倫理学担当の相澤伸依です。東京経済大学では、様々な選択語学科目を準備しています。英語に加えてさらにもう一つ語学を勉強するのは難しそう?今回は、英語とフランス語の学習を両立させて今年の秋にフランス語検定3級に合格したコミュニケーション学部一年のIさんの体験をご紹介します。フランス語の学習についてインタビュー形式でお話を伺いました。

---
Q:なぜフランス語に興味を持ったんですか?
 高校の時に、夏休みにフランス語の短期研修を受ける機会がありました。そこで、フランス人の先生に教えてもらって、フランスという国自体にあこがれるようになって、勉強したいと思うようになりました。

Q:東経大で授業に出ていますか?
 フランス語は、フランス語初級と「フランスの言葉と文化を知る」という総合教育ワークショップを履修しました。授業では、クラスメートとの会話練習を楽しみました。授業で映画を見て、視覚的にフランスに触れられたのもよかったです。

Q:授業だけでなく、自習も頑張っているようですね。
 ネットの語学学習アプリで友達を作って、その友達の助けを借りながら毎日勉強しています。友達とは日常生活をチャットしたり。フランス語で日記を書いて、それを添削してもらっています。ボイスメッセージを使って発音の訓練もしてもらっています。勉強といっても、とにかく楽しいので、まったく苦ではないです!

Q:語学をがんばるのはモチベーションは何でしょうか?
 英語でもフランス語でも、友達と話したいというのが一番のモチベーションです!もともと英語が苦手だったのですが、高校時代に海外語学研修に行く機会があり、そこで話す楽しさに目覚めました。それまで英語が嫌いだったのは使う機会がなかったからだと気づいたんです。話したい人と出会うと、話したいと思う気持ちが湧いてきました。

Q:どうして、英語だけでなく、さらにもう一つ外国語を学ぼうと思ったんですか?正直大変そうですが...?
 世界には英語を話せない英語が話せれば世界の人と話せる、英語が世界の共通言語だと思っていました。しかし、各地に友達ができてみると、実は世界には英語を話さない人もたくさんいるということに気づきました。英語が万能ではないんだなと。英語とは違う言葉を学ぶことによって、友達になれる人や得られる知識の幅がぐっと広がると思います。そして、それは自分の視野や考え方を広げることになると思います。言葉の学習を通じて、異文化や言葉自体に興味が広がるし、その言葉を通じて友達ができればさらに彼らのことを知りたいと思える。どんどん世界が広がると思います。

Q:言葉を勉強したその先に、どんな将来像を描いていますか?
 まずは英語とフランス語の勉強を通じて、もっと友達との仲を深めていきたいと思います。そしてやがては、逆に私がしてもらったように、私自身が日本語を勉強する人のサポートをできればとも考えています。英仏以外の言語も学んで、いろんなところに出かけて、友達を作りたいです!

---
 Iさんのお話を聞いて、語学を学ぶ楽しさの本質に触れた気がしました。先に書いた通り、東経大では多様な選択語学科目を準備しています。来年度の履修をぜひご検討ください。


関連記事
一粒で二度おいしい語学検定のススメ
語学検定で力試ししませんか?

2019年1月7日月曜日

TKUサイエンスカフェ「宇宙における錬金術~鉄を金に変える方法」

 「生命の科学」ほか担当の大久保奈弥です。12月18日(火)に開かれたTKUサイエンスカフェの報告です。今回のサイエンスカフェは「宇宙における錬金術~鉄を金に変える方法」と題して、国立天文台天文データセンター研究員の本間英智さんがお話ししてくださいました。専門は銀河考古学(!)という、私も初めて聞いた名前で、最先端の研究だそうです。


 銀河考古学とはどんな学問なのでしょうか?いわゆる天文学の研究対象は、大雑把には、宇宙論、銀河、星の3つがあります。銀河を研究対象とする場合、銀河がどう生まれたかを研究する深宇宙銀河研究、また、銀河がどう育ってきたかを扱う近傍銀河研究という分野があります。銀河考古学は、近傍銀河研究の中の一つに位置付けられ、銀河をつくっている星1個1個が見えるくらいの近さの銀河がどう育ってきたかを研究しているとのことでした。もう専門的すぎてよくわかりませんが、それが研究というものですね…。

 そもそも、星が光っているというのは、核融合反応が起きている状態だということをご存知だったでしょうか?そのような反応が起きるためには、銀河の中にいる星の中心というのは高温で元素が高密度でなければいけないそうです。そして、その中では、鉄が金に変わるという現象が起こっているのではないかと考えられているとのこと。鉄の陽子数は26で、金が79なので、星の中でさまざまな核反応が起こり、陽子数が増えて、鉄が金になる。まさに自然の錬金術ですね。

 他にも色々なお話しをしてくださったのですが、特に印象に残ったのは、講師の方の次の言葉です。

「鉛、バリウム、ストロンチウムなんていう色気がない元素」

 これはもう専門家ならではの言葉ですね。例えば、サンゴを研究する私が「この触手可愛い」と言うのと同じでしょう。。
 
 質疑応答の時の議論の中で出てきたことも印象に残っています。「人間が住む地球は奇跡の星。なぜなら、太陽から遠いと寒すぎるし、近いと暑すぎてお水があっても蒸発してしまう」。

 水が豊かで、生き物がこんなにたくさんいて、地球に生きていること自体が奇跡なんです。私たちはそれを認識しながら生きていきたいと思います。本間さん、楽しいお話をありがとうございました!

参考)今年度と昨年度のTKUサイエンスカフェの報告
 2018年度第1回「静電気と放電
 2017年度第2回「時間とはなんだろう
 2017年度第1回「映像世界と身体感覚