2019年10月30日水曜日

三鷹・星と宇宙の日2019

 「自然の構造」他担当の榎基宏です。10月26日(土)に私が担当する総合教育演習の「天文ゼミ」で、国立天文台三鷹キャンパスの特別公開「三鷹・星の宇宙の日2019」の見学に行きました。

 国立天文台三鷹キャンパスは、通常、「常時公開」されており、一部施設の見学ができます。さらに、月に2回、望遠鏡で天体を見る「定例観望会」が開かれています。これらとは別に、年に一回、特別公開日である「三鷹・星と宇宙の日」があります。この日には、常時公開では見学できない施設も公開され、研究部署ごとの研究の解説展示や、講演会、天体観望会などが行われます。
 
 天文ゼミでは、例年、特別公開日に見学に行っています。2年生の時から3年連続で参加した4年生のゼミ生さんもいます。今年も、太陽塔望遠鏡重力波アンテナTAMA300などの様々な施設を見学し、銀河探しゲームや中華鍋を使っての宇宙から来る衛星放送電波の受信などに挑戦したり、サイエンスカフェに参加したりしました。

左:電波望遠の前で  右:太陽塔望遠鏡の内部
銀河探しゲーム挑戦中



 今回参加された学生さんの感想の一部を以下に掲載します。
  • 古い歴史的な天文学の技術から、最先端の宇宙研究の話題まで幅広く学べていい機会だった。
  • 中華鍋での衛星放送の受信は、思ったより早く電波が拾えて、BS放送がきれいに映った。
  • 例年参加している銀河探しゲームは、前年度に比べて探すスピードが上がって面白かった。
  • 青空サイエンスカフェに参加した。幼稚園生くらいの小さな子供も積極的に話に加わっていて、演者と聴衆が対話できるサイエンスカフェの醍醐味を実感できた。
実際に、見て聞いて参加して、いろいろなことを学ぶことができたようです。

三鷹・星と宇宙の日2018見学報告

入笠山でゼミ合宿(2019年天文ゼミ合宿報告)

2019年10月16日水曜日

私たちの常識は、非常識?

 心理学など担当の野田淳子です。今年も1期から始まった「多様性社会に資する心理支援を実践するa(1期)b(2期)」の特別授業が、早くも2期(後期)に突入しました。2期は2回目の授業にしてゲスト講師をお呼びするという大胆な構成で、ご登壇くださった山本篤さん(関東聴覚障害学生サポートセンター)が開口一番、「この中で、聴覚障害の人に会ったことのある方はありますか?」と質問すると、意外にも一定数の学生がパラパラと手を挙げました。アルバイトで接客をした経験のある学生も、複数あったようです。

山本さんの授業風景

 山本さんは重度の聴覚障害をお持ちの当事者で、現在は右耳のみ補聴器をつけてかろうじて聴き取れる程度の聴力だそうです。普段は大学等で障害を持つ学生や教職員のサポートに携わる仕事をされていますが、今回は「ろう者の常識は、聴者の非常識?」という興味深いタイトルで、2名の手話通訳者の方の言葉を通して授業をして頂きました。ちなみに手話通訳は、英語ニュースの同時通訳のようなスキルと労力を要するため、内容や時間によっては2名以上付くことがあるのです。実は「口話」もできる山本さんですが、手話の重要性に気づいて大学時代にマスターされたそうで、手話のほうがより多くの考えをきちんと伝えることができるため、「授業は手話で」という話になりました。たとえ聴覚障害を持つ方と出会ったことのある学生でも、多くは「耳が聞こえないから補聴器をつけている」など漠然としたイメージがある程度で、同じ「聴覚障害」でもその聞こえ方は人それぞれであること、補聴器をつければ音が聴こえるとは限らないことをはじめ、「ろう者」と「聴覚障害者」の違いなど、初めて知ることばかりだったようです。 

 “ワークショップ形式”のグループワークでは「ろう者と聴者のすれ違い」や「ろう者の困難」に焦点を当て、ろう者(聴覚障害者)に関して「どんなところで困っていそうか?」「接して、自分はどんなところで困ったか?」といったお題が出されました。山本さんは各グループの見解ひとつひとつ、例えば「演劇を見るときに困るのでは」という意見には「良い質問です!最近は芝居の音声を字幕化するタブレットを貸し出すところも増えています。先日は字幕のタブレットを見て、歌舞伎を楽しみました」、「(ろう者と)ぶつかりそうになった」という経験に対しては「これはどういう意味でしょう?ろう者は聞こえない分、注意して周囲を見回したりすることもあるのですが、どういう状況だったのでしょうか?」など丁寧にコメントをして下さり、広がっていく対話に学生達も身を乗り出して参加していました。「沸騰したお湯やインターホンの音がわからない」「飲食店での注文が難しい」「適切な声や音の大きさが解らない」「補聴器をイヤホンと勘違いされる」といった日常の困りごとから、「災害時の警報に気づけない」「キャッシュカード紛失時の本人確認が電話でできない」「歩道で自転車の呼び鈴に気づけず、ぶつかってしまった」など深刻な出来事に至るまでお話しいただき、「自分が想像する以上に、ろう者の方が感じる困難が多かった」との声が、授業後のレポートでは多数寄せられました。「赤ちゃんの泣き声がわからなくて、夜は我が子の手を握って寝ていた」という子育てのエピソードにもびっくり仰天、知れば知るほど「聴者の常識は、ろう者の非常識?」です。

グループワークの様子

 特に「情報保障」という概念は目からウロコで、インターホンの音を点滅で知らせる、スマートフォンを介して文字を音にして伝える、最近では状況判断に必要な“雑談”を拾って文字化する機器が出てくるなど、テクノロジーの進歩によって様々な情報が提供されるようになりました。情報保障は、「相手のニーズ」「その場の状況」「情報保障の方法」が合っているか?の3点を考えることが重要とのことでした。緊急時のツイッター利用や、その場ですぐに文字や商品情報などを提示できるスマホは、聴覚障害者にとっては画期的なインフラです。しかし、「昔よりも手に入る情報が増えたが、情報量がかなり多くなって理解するまでに時間がかかり、体力の消耗も激しいという実態を知ることができた」という学生のコメントに見られるように、利用しうる情報や手段が増えたことは諸刃の刃でもあります。また「耳が聞こえない」ことから生じる二次的・三次的な障害や社会的な不利益、例えば「解ったふり」をせざるを得ないと感じ、結果的に人と会うのが億劫になるなどの問題が生じる場合もあります。「障害(障壁)は障害者にあるのではない。障害者との間にある“ことばに頼るコミュニケーションで図ろうとする認識”にある」「“聴こえない”ことそのものが問題なのではなく、それによって生じる不利益やトラブルこそが、今後解決しないといけない問題だと思う」といった学生のコメントからも、山本さんの目指す「ろう者も聴者も」というWin-Winの関係・環境を構築する必要性を強く感じました。実際、私も「歌舞伎の字幕タブレット」は借りて観劇したいと思いましたし、誰もが過ごしやすく、かつ力を発揮しうる社会を実現するうえで、不可欠な問題だと思うからです。

山本さんによるグループワークの講評

 この特別授業は、本学独自の「教育改革支援制度(別名:進一層トライアル)」の助成を得て、多様性(ダイバーシティ)を活かす社会の構築に不可欠な「あらゆる他者を尊重し、受容する良き関係性を築くこと」や、そための「心理的支援(ケア)」とは何か?を、実際の体験に近い形での経験を通して考えることをねらいとして、同じく心理学の大貫先生とペアで実施しています。「普通」だと思っていたことが「当たり前」ではないことに気づき、解らないことや知りたい世界が増えていく。それは学生だけでなく、私たちも同じです。後期の特別授業でも、まだ見ぬ他者の世界を知る楽しさや、様々に異なる人々とともに歩むうえで必要な理解や支援とは何かを追求する面白さを、実感できるようにしていけたらと思っています。

・関連記事
 真のダイバーシティ,実現に向けて

2019年9月29日日曜日

国分寺の人々との語学を通じた交流に参加しませんか

好久不见!(ハオ・ジョウ・ブー・ジエン!)Long time no see! (ロング・タイム・ノー・シー!) Lange nicht gesehen! (ランゲ・ニヒト・ゲゼーエン!) ¡Tanto tiempo sin verte!(タント・ティエンポ・シン・ベルテ!)

(クイズ:これらは「おひさしぶり」に相当する言い方です。何語でしょう?答えはこのコラムの一番最後にあります。)

 英語・言語学担当の小田登志子です。今回は、国分寺市内で行われている「日本語教室」と「Kokubunji Local(国分寺ローカル)」をご紹介します。これらは国分寺地域の日本人と外国人住民との語学を通じた交流を目的とする会で、私と東経大生の有志も参加しています。どちらも市民に広く開かれた会ですので、興味を持った人はぜひ来てください。学生はもちろん、教員・職員・父兄のみなさんもウェルカムです。

 国分寺市では外国人住民の数が急増し、市内には約2500人の外国人住民が暮らしています。これは市の人口の約2%に相当します(令和元年7月1日)。これらの外国出身のみなさんに対する日本語学習の支援を目的とした「日本語教室」が、市内の数か所で運営されています。私が参加している水曜日夜の教室では、日本人ボランティアと日本語学習者がペアを組みます。私は今までに、ベトナム・中国・スロバキアから来た人とペアになりました。

 最近、「日本語教室」では学習を希望する人が増えたため、ボランティアの数が足りなくなってしまいました。そこで、私が担当する「言語学」の授業で学生ボランティアを募ったところ、3名の学生さんが手を挙げてくれました。(ありがとう!)「私は英語が苦手なんですけど、大丈夫ですか?」という質問がありましたが、全く問題ありません。一昔前は国際化イコール英語を話すこと、というイメージが大きかったように思います。しかし現在では、日本における多文化共生のカギは「やさしい日本語」だと言われています。

 さて、日本語が話せても日本語を教えることは意外と難しいものです。「×美味しいでした」はどうして変なの?中国語の「日式冷麺」が日本語で「冷やし中華」なのはナゼ?「ウソつけ!」はどうして「ウソをつくな」の意味になるの?などなど。外国語としての日本語に触れると、普段自分が話している日本語についていろいろな発見があって面白いものです。

 また、学習者の皆さんの日本語が上手なことに驚かされることもしょっちゅうです。「自分は英語を大学まで勉強したのに・・・・。自分も頑張らなくては」とおっしゃるボランティアの方もいます。また、学習者の人と仲良くなると、その人の母語について知りたくなるものです。私もベトナム語のカタコトを覚えました。日本語の「ちゅう」はベトナム語でも「chúチューýイー」と言うそうです。ビックリ!

 この「日本語教室」でのボランティア活動に興味がある人は国分寺市国際協会・日本語教室のホームページをご覧ください。

日本語教室で七夕の会をしました(国分寺市国際協会提供)
      日本語がペラペラになりますように!    東経大生も浴衣が似合っています

 「Kokubunji Local(国分寺ローカル)」は日本語と英語の交流会です。毎週火曜日の夕方に国分寺駅ココブンジWEST 5階のカフェ・ローカルに集まって、日本語と英語でおしゃべりをしています。この会の常連メンバーにはアメリカ・フィリピン・イタリア・中国・ニュージーランド・スロバキアなどから来た人がいます。英語を勉強したい東経大生の有志も「英語が全然話せない~(汗)」と言いながら参加しています(笑)。この会に来る外国出身の人は、コンピュータ関連の仕事についている若い人が多く、同世代の日本語話者との気軽なおしゃべりを楽しんでいます。英語が得意でなくても大丈夫ですので、興味がある人はぜひ来てください。Kokubunji Localのフェイスブックのイベント告知で「Join」(参加します)をクリックしてもいいし、カフェ・ローカルに直接来ても大丈夫です。

  いつも最後に記念写真(Kokubunji Local提供) カフェ・ローカルにて(Kokubunji Local提供)

 このように、国分寺市内には多文化交流の機会がたくさんあります。留学しなくても外国出身の人と友達になれるなんていいと思いませんか?これからの日本の社会においては、多様な人々と共に働くことができる人材が求められています。国分寺の地域で外国語としての日本語・英語・その他の外国語に触れて、自分の世界を広げてみませんか。

<関連サイト>
国分寺市国際協会(KIA)ホームページ
国分寺市国際協会(KIA) Facebook
Kokubunji Local (国分寺ローカル) Facebook 
多言語化する国分寺の地域社会

(クイズの答え:中国語・英語・ドイツ語・スペイン語)

2019年9月9日月曜日

入笠山でゼミ合宿

「自然の構造」や総合教育演習の「天文ゼミ」等を担当している榎基宏です。天文ゼミでは、9月2日~4日と2泊3日で夏合宿を行いました。今回は、長野県富士見町の入笠山の「マナスル山荘天文館」にお世話になって、天体観察を行いました。

マナスル山荘天文館
入笠山で撮影した天の川

 初日、夕方は雲が多かったのですが、そのうち日が暮れてくると次第に雲の切れ間が大きくなり、多くの星々が見えてきました。宿の方には、星座解説をして頂いただけでなく、望遠鏡で木星や土星なども見せてもらいました。21時ごろからすっきりと晴れ、天の川も見えるようになりました。流れ星も見えます。双眼鏡でのアンドロメダ銀河やプレアデス星団(すばる)の観察もできました。オリオン座も観察したかったのですが、深夜の1時半ごろから完全に曇ってしまったため、それは叶いませんでした。

入笠山山頂
 二日目の昼間は、天文学のテキストの輪読と、入笠山の登山を行いました。入笠山の山頂の標高は1955mですが、宿は標高1800mぐらいのところにあるので、登山といっても片道30分弱のお気軽なハイキングでした。日が暮れると天体観察を始めます。しかし、この日は雲が多く、一時的に晴れて人工衛星も見えることがありましたが、前日ほど星を見ることはできませんでした。そのうち、雨まで降ってきてしまいました。しかし、以前の合宿中まったく星空を見ることができない時もあったので、今回は初日にいろいろ観察できたのは幸運でした。

 天体観察のように、自然を相手にしていると、人間の考えた通りに物事は進みません(人間相手でも、なかなか進みませんが)。そういったことを実感することも、天文ゼミの学習の一環だと考えています。

関連記事
石垣島でゼミ合宿
八ヶ岳山麓でゼミ合宿

2019年8月26日月曜日

英語FDミーティング第一弾 
Propell Teacher's Workshop開催

 英語担当の中川知佳子です。8月7日,本年度の英語FDミーティング第一弾として,8時間(!)にわたるワークショップ(Propell ® Teacher Workshop)を開催しました。当日,TOEFLやTOEICを作成しているEducational Testing Service(ETS)社から2名の講師に来ていただきました。普段はアメリカでテスト開発を行うチームにいらっしゃるそうです。

講師のお二人
グループに分かれてディスカッション










ワークショップは
(1)改定されたTOEIC Bridge ® の内容を知ること
(2)スピーキングやライティングといったproductive skillsの評価方法を知ること
(3)指導場面とテスト内容をリンクさせる活動を知ること
以上の3つを主な目的としていました。

 本学では新入生全員がTOEIC Bridge ® を受験する機会があり,学内でTOEIC ipも実施されています(TOEIC ipは全学年対象です)。TOEIC ® というとビジネスのための英語というイメージが強いですが,TOEIC Bridgeは日常場面で必要となる,基本的な知識や言語運用能力が求められています。本学の英語授業(英語コミュニケーションI,II)でしっかり学び,練習していけば自然と得点が伸びるはず・・・それでも,テストが近くなるとテスト対策をして欲しいという声があがります。

 教師にとっても,学習者にとっても,テスト対策のために英語を学ぶのではなく,英語を楽しく学んでいたら得点が伸びたというのが理想的ですよね。今回のワークショップを通し,テスト対策をしなくても,普段の英語授業(classroom activities)の成果がテストにも表れることを改めて認識しました。(ただし,受験を考えている方は,模擬テストを受けましょうね。講師からも「テスト形式には慣れておきましょう」というアドバイスがありました。)

 9:30から始まったワークショップは最後に受講証明書をいただき,無事に終了しました。(西洋史がご専門の高津先生も修了証を受け取られました!)

修了証をいただきました

 参加された先生方も,多くのアクティビティを楽しんでいました。後期の授業は前期よりも更に楽しく充実した内容になると思います。ご期待ください。

関連記事
【学問のミカタ】英語学習のルール?

2019年8月10日土曜日

東京サバイバル

  心理学ほか担当の野田淳子です。果てしなく暑さが続く毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?猛暑による熱中症で倒れる人々のニュースが世を賑わせるなか、今年も総合教育演習のゼミ生たちは子どもたちとの野外活動に取り組みました。お付き合いが続く国分寺の社会教育施設、認定NPO法人「冒険遊び場の会」が運営する国分寺プレイステーション(通称:プレステ)でのボランティアです。最高気温35℃のこの時期は、常駐プレイリーダーのユウジさん曰く「絶好の水遊び日和」=水遊びでもしないとやっていられない状況で、学生たちはもちろん着替え持参です。午前中から既に陽射しも強く、到着するや否や半裸で裸足の子どもたちと水遊びが始まりました。事細かな熱中症対策に加え、体調に不安を感じたら無理せず涼しい所で休む!が野外活動の鉄則と伝授し、さながらサバイバルです。


 これほどの暑さはできれば避けたいものですが、にも関わらず、なぜ子どもたちと野外で遊ぶボランティアへと赴くのか?と疑問に思う方があるかもしれません。その教育的意義は様々ですが、何よりも学生たちの手で掴み取って欲しいと願う世界があるからです。プレステに通う子どもたちは、筋金入りです。夏の暑さや蚊をものともせず、嬉々として野外を飛び回って1日中遊んでいます。既成品のおもちゃなど無い空間で、ロープを渡ったり、自作の滑り台に水を流してウォータースライダーにしたり、火を起こして食事を作って食べたり。「お鷹の道に釣りに行こう」と誘われた学生たちは、「エサにミミズを捕まえ、釣り具も自分で作るなんて」と驚いていました。もちろん釣果も自ら調理しする子どもたちで、今年はハゼのからあげやザリガニの素揚げが振る舞われたようです。

 時としていたずらや遊びたい気持ちのあらわれとは受け留められないような乱暴が過ぎて、子どもたちは怒られ、怪我をすることもあります。ところが、それでめげるどころか往々にして行為はエスカレートし、何気なく「子どもたちと遊んであげよう」と思って来場した学生のほうが、めげそうになることもあります。お互いにとって意味ある時間と場を紡ぎ出すために、葛藤を味わいながらも相手の言い分に耳を傾け、自分の意見もしっかりと伝え、あるいはプレイリーダーの言動を観察し、あの手この手と試みて、全身全霊で子どもたちと向き合おうとする体験には、答えもマニュアルもありません。そうして、子どもたちと一緒になって目を輝かせ、たとえ泥だらけになっても遊び込めた学生は最強です。当初は考えてもみなかった事態であっても、相手と自分の「楽しい」が織りなす密度の濃い豊かな時間を体得できれば、今だけでなく未来につながる関係性を構築できるからです。どこでも、誰とでも生きていける。「生きる力」とは、元来そんなものではないでしょうか。

 ところが、子どもたちの「いたずら」も遊びの延長として、子どもたちが自ら遊び、自ら気づきを得るのを何よりも大切にしたいと考えるプレステのユウジさんですら、あまりの悪態や落書き、破壊損壊ぶりが目に余るということもあるといいます。しかし、いたずら行為の目的とは何か?に目を向けると、彼らなりに「自律」に向けてフィールドワークをしていることが、透けて見えてくるそうです。例えば「あの人はこうすると怒る。この人はなかなか怒らないけれど・・・?」というように、彼らは様々な大人の反応から仮説検証的に他者理解を深め、社会でうまくやっていく術を身に着けていく途上にあります。プレステ以外の場所では、別人のように良い子である場合も少なくないそうです。残念なことに、こうした意味ある子どものいたずらや迷惑が、許容される前に排除されるのが、今のご時世だというのです。それで本物の自信が、育つのだろうか?と考える、ユウジさんたちプレステのスタッフの胸を借りて「自他の力試し」ができる子ども達や学生達は幸せです。多くの人に支えられ、今を精一杯生き抜く。人は誰しも逞しいサバイバーだと実感する機会は、意外にも身近なところにあるのかもしれません。

 嬉しいことに、学生達の活動する姿を一番評価して下さるのもプレステ・スタッフの方々です。今年も「嫌なことは嫌だと、子どもたちに本気で怒って良いんだよ」とアドヴァイスを頂きながら活動を全うした学生達に、「朝からずっと、積極的に子どもたちと関わってくれてとても良かった」「みな素直で、きちんとしてるよね。喧嘩の仲裁もどうしたら良いか、解らないことはちゃんと聞いてくるし」「ぜひ、また子どもたちと遊びに来て!」といったお言葉を頂きました。学生達も「〇〇(子どもの名)は去年と比べて、ずいぶん成長したな」などと話をしています。この地で40年近くも続く冒険遊び場の活動も、実は今年度が最後です。この武蔵国分寺の史跡公園の傍らからの移転が、決まっているからです。離れてしまうのは誠に残念ですが、プレステの活動がさらに拡がりますように!

関連記事
破壊と創造の一日
「ダンボールの街」に遊ぶ
大学には「宿題」はない!? 
冒険遊び場「国分寺市プレイステーション」での体験的学び

2019年6月16日日曜日

ブックトーク「恋を描く」

 フランス語と倫理学担当の相澤伸依です。今回は私が企画した図書館イベントについて報告します。

 6/13(木)の5限の時間帯に図書館ブラウジングスペースで、漫画家の岡藤真依さんをゲストにお迎えして、「恋を描く」というイベントを開催しました。岡藤さんは、女の子の恋と性を繊細な筆致で描く作品を発表している新進気鋭の漫画家です。今回は、4月に発表された新作『少女のスカートはよくゆれる』(太田出版)のお話を出発点に、岡藤さんが作品に込めているメッセージや漫画家になるまでの経緯、創作活動の難しさや喜びなど幅広い話題を語っていただきました。

 
岡藤さんの作品『どうにかなりそう』と『少女のスカートはよくゆれる』

 私が聞き手となる形でブックトークを行ったのですが、ぜひ学生目線で質問したかったことがありました。それは「やりたいことを仕事にするにはどうすればいいのか?」です。「漫画家」というやりたかったことを仕事にできている岡藤さんはどうやってそこにたどり着いたのだろう? 岡藤さんは、私の質問に対してご自身のこれまでのキャリア(岡藤さん的「まんが道」?)を率直に語り答えてくださいました。 

 岡藤さんご自身、最初から漫画家になろうと思っていたわけではないとのこと。働きながら創作するという二足のわらじを履く期間も長くご苦労や紆余曲折が多々あったわけです。しかし漫画を創作したいと思ってから、そのやりたいことをするための努力だけは全力で続けたと強調されました。「才能があるかないかではない。やりたいと思って努力を続けることで、成功するかどうかわからないけれど、やりたいことに近づくことができる」とのこと。

 岡藤さんは、その努力の助けになった要素としてご自身の「好奇心」と「しつこさ」を挙げられました。表現したいことを世界に見つけ出す好奇心とそれを漫画という形で描くためのしつこさ。この二つの要素が努力を続ける秘訣になったということでした。
大学生活は、社会の中でどんなことをして生きていくかを考え、選択する時期にあたります。その時期を生きる参加者にとって、岡藤さんの言葉は示唆に富むものであるように思われました。

多くの方が聴きに来てくださり感激!前で話している我々二人も楽しかった!

 他にも作品の話や創作の背景にある読書体験など語っていただき、学生との質疑応答も盛り上がって予定していた一時間半はあっという間に経過。イベント終了後も参加者が岡藤さんに質問する姿が見られ、企画した者として大変喜ばしく感じた次第です。
イベント終了後も話は尽きず。参加者のみなさん、ありがとうございました。

 ブックトークは終了しましたが、岡藤さんの漫画作品と、岡藤さんと私が「恋」をテーマに選んだオススメ本を図書館一階ブックウォールEに展示しています。ぜひ本(特に岡藤さんの作品!)を手にとってみてください。