2019年2月12日火曜日

多言語化する国分寺の地域社会

Selamat siang!(セゥラマッ シアン!)Сайн байна уу? (サインバインノー?)Xin chào!(シンチャオ!)Salamat sejahtera!(セゥラマッ セジャテラ!)Merhaba!(メルハバ!)
(クイズ:これらは「こんにちは」や「お元気ですか」を意味することばです。何語でしょう?答えはこの記事の最後にあります。)

「言語学」を担当する小田登志子です。訪日外国人観光客や留学生の増加に伴い、国分寺でも外国出身の人を見かけたり、いろいろな外国語を見聞きしたりする機会が増えてきました。例えば、私がよく利用する国分寺駅前のスーパー「マルエツ」にも、さまざまな言語を話すお客さんが来店します。中国語、韓国語、英語、ベトナム語などが聞こえることもありますし、何語を話しているのかわからない時もあります。このように、地域の人口の国際化が進むにつれて「多言語化」が進んでいると感じます。

そこで、今年度の「言語学b」では、国分寺および周辺地域に住む外国出身の方にお越しいただき、自分の母語を紹介してもらう取り組みを行っています。

インドネシア・バンドン出身のディアンさんは小金井市にお住まいです。インドネシア語が流暢な日本人のご主人と結婚し、一年前に来日しました。インドネシア語はマレー語の方言でもあるため、マレーシア語ととてもよく似ています。Saya cinta padamu. (サヤ チンタ パダム、I love you)と言えば、マレーシア語としてもインドネシア語としても通じます。

インドネシア語の語順を説明するディアンさん。インドネシア語は英語と同じSVO言語。

インドネシアの公用語はインドネシア語ですが、インドネシアではインドネシア語以外に数百もの言語が使用されています。ディアンさんのお母さんはスンダ語話者で、お父さんはバタク語話者です。ディアンさん自身はインドネシア語とスンダ語を話します。受講生は、一つの国の中にたくさんの言語があることに驚いた様子でした。ディアンさんは、日本語と英語を交えながら、「日本はきれいですね」など、いろいろな話をしてくれました。ある受講生は、「ディアンさんはいろいろな言語は話せてすごいと思う」とコメントしました。

モンゴル・ウランバートル出身のバダラハゲレルさんは府中市の日本語学校に通っています。半年前に来日しました。モンゴル語は日本語と語順がよく似ています。Дорж  Оюунд  хайртай  гэж  Цэрэн  хэлсэн.(ドルジ(ドルジが) オユントゥ(オユンを) ハイルタイ(愛している)ゲジュ(と)ツェレン(ツェレンが)ヒルスン(言った))は、日本語と語順が同じです。 モンゴル語はキリル文字でもモンゴル文字でも書くことができます。モンゴル文字は文字を縦につなげて書きます。バダラハゲレルさんが書いたモンゴル文字を見て、「まるで美しい絵のよう」とコメントした学生もいました。

モンゴル語とモンゴル文字について説明するバダラハゲレルさん。モンゴル文字の左側は「モンゴル」。右側はバダラハゲレルさんのお母さんの名前。6つの文字をつなげて書く。

「バダラハゲレル」という名前には「輝く光」という意味があります。そこで日本では「光(ひかる)」というニックネームを使っているそうです。子どものころから日本のアニメやマンガを見て育ったバダラハゲレルさんは、「日本は湿気が高くて物価が高いですね」などと、流暢な日本語で来日の感想を話してくれました。

受講生と握手するバダラハゲレルさん

ディアンさんとバダラハゲレルさんに「日本語と英語とどちらが難しいですか?」と質問したところ、お二人とも迷わず「日本語!」と答えました。漢字や「~を」「~に」といった助詞が難しいそうです。

言語はその国の文化を知る「窓」のようなものです。みなさんは、インドネシアでもモンゴルでも、名字を持たない・あるいは持っていても普段は使用しない人がほとんどであることを知っていましたか?このように、外国語に少し触れただけで、自分の文化の中であたり前だと思っている事が、実はそうではないことに気づいたりします。

201871日の市人口統計によると、国分寺市には65か国から来たおよそ2300人の外国人が住んでいます。これは国分寺の人口の約1.8%に相当します(国分寺国際協会提供資料による)。東京都新宿区や埼玉県川口市といった場所と比較すると低い数字ですが、2018年に入ってから国分寺市の外国人人口は著しく増加しており、この地域の多言語化は今後より一層進むと予想されます。異なる言語・文化を持つ人々と共に、多文化共生社会を実現するため、外国にルーツを持つ地域住民が話す言語を「言語学」の授業で積極的に紹介していきたいと考えています。

東京都の訪日外国人観光客や外国人住民が多い地域で見かけた表示。「免税」は上から英語・中国語・朝鮮韓国語。「ごみは捨てないでください」は上から日本語・中国語(普通話)・中国語(台湾)・朝鮮韓国語・タガログ語・タイ語・英語・トルコ語・スペイン語・ポルトガル語。

(クイズの答え:インドネシア語・モンゴル語・ベトナム語・マレーシア語・トルコ語)

関連記事へのリンク
先輩に聞く、語学学習のススメ

2019年2月4日月曜日

2018年度「総合教育研究発表会」レポート

 1月31日(木曜日)に、「総合教育研究」の発表会が行われました。「総合教育研究」は、全学共通教育センターが開講する卒業研究・制作に相当するもので、2年次以降のゼミである「総合教育演習」で学んだ成果を発展させて、論文や制作にまとめあげるものです。2014年度より、全学共通教育センターの公式行事として発表会を開催しています。


 今年度は、発表会の日に都合の合わない学生もいたため発表者は2名と少数で、どちらも制作(写真集・歌集)の発表でした。しかし、発表・質疑応答の予定時間である30分間を超えて、かなり多様な質疑が活発に行われました。発表終了後、発表学生をねぎらい表彰が行われ、コーヒーとお菓子を楽しみながら、議論を続けるなどして個別にさまざまな振り返りがなされました。
表彰の様子
 発表された学生さんはお疲れ様でした。またご聴講いただいた学生さん、先生・職員のみなさんには厚く御礼申し上げます。「自然の構造」他担当の榎が記しました。

・関連記事へのリンク
2017年度「総合教育研究発表会」レポート
2016年度「総合教育研究発表会」レポート
2015年度「総合教育研究発表会」レポート
2014年度「総合教育研究発表会」レポート