2014年7月9日水曜日

留学情報交換会を開催しました!


留学生アドバイザーの相澤です(倫理学、フランス語担当)。先日ご案内した留学情報交換会を、本日夕方に開催しました。

交流チューター作成のポスター
東経大の様々な留学制度を知ってもらい、留学を前向きに検討してもらいたいという趣旨で企画したこのイベント。雨の中、そして水曜5限という都合をつけにくい時間帯にもかかわらず、40名を超える学生が集まってくれました。最初に国際交流課スタッフの三木さんから東経大の留学制度の概要をご説明いただきました。続いて、留学体験者五名に自身の滞在経験と留学を志す人へのアドバイスを語っていただきました。

留学時の写真がたくさん。
充実した様子が伝わるお話でした。
まず、東経大から海外に留学した方代表としてお話しくださったのは、高木さん(チチェスター奨学生として英国に11ヶ月滞在)、坂本さん(平澤大学 韓国語研修で韓国に三週間滞在)、田中さん(ゼミ研修でベトナムに二週間滞在)の三名です。三名とも、海外での体験を通して友人が増えたこと、異文化に触れて視野が広がったことを語ってくださいました。また、留学する人へのアドバイスとして、出来る限り英語の力を伸ばしておくことが実りある滞在につながるという点を強調されていたのが印象的でした。

続いて、海外から東経大に留学している方代表としてお話くださったのは、温さん(中国)、タンさん(マレーシア)のお二人です。二人は、日本生活での驚き、つらいところ、有意義なところなど、留学のいい点と悪い点、両方を語ってくださいました。母国を離れて外国で4年間の学生生活を送るというのは、とても大きな決断だったはずです。その決断を経て、東経大で志高く学んでいることが伝わるお話でした。思わず、私もがんばらなくちゃ、と刺激を受けました。

こんなにたくさんの方が来場。
五名のお話が終わったところでいったん閉会。続いて、お菓子をつまみながら、留学に興味のある人同士や体験者と情報を交換しあうアフターパーティを開きました。同じ関心を持つ学生同士、話がとっても弾んでいました。

多くの方に参加していただいた今回のイベント。企画者として、今日の会が海外へ一歩踏み出すきっかけになればと願っています。

最後になりましたが、会の運営は、学生国際交流チューターが担当してくれました。ポスターの作成から会場の設営や司会まで、チューターたちが盛り上げてくれました。今後もチューターと一緒に交流を促すイベントを開催していきたいと思います。

*国際交流チューターのfacebookはこちら
*9月16~17日に国際交流 一泊二日旅行を開催します。興味のある方は学内のポスターを要チェック!詳しくは、国際交流課でお問い合わせください。