2014年6月13日金曜日

図書館展示「岩波ジュニア新書の世界」


倫理学とフランス語担当の相澤です。


本日6/13より、図書館で展示企画「岩波ジュニア新書の世界」が始まります。私が企画し、新正裕尚先生(地球の科学、教養ゼミ)と高津秀之先生(外国史I、現代社会の基礎知識)の三人で、岩波ジュニア新書の中からオススメ本を選びました。選書の趣旨は以下の通りです。

---
岩波ジュニア新書を読んだこと、ありますか?
「ジュニア」と銘打っているけれど、なめちゃいけません。本シリーズには、一流の研究者や第一線のライターがわかりやすい言葉で書き下ろした作品が揃っています。大学生のようなヤングアダルトはもちろん、教職員のようなシニアまで、楽しめて勉強になるシリーズなのです。
今回は、三人の教員が、いろんな学問の入門書や人生に役立つ(?)本をセレクトしました。ぜひ、手に取って自分の世界を拡げてください。
---

全部で20冊のジュニア新書が、紹介文とともに、図書館一階ブックウォールCに並んでいます。もちろん貸し出し可能です(ただし一週間)。

さ・ら・に! 今回は、紹介した岩波ジュニア新書に関連するテーマの本を数十冊、同じブックウォールCに集めてみました。名付けて、「芋づる式読書のススメ」。芋づる式読書とは、気に入った本を出発点にいろんな本を読むテクニックのことです(*私が勝手にこう呼んでいるだけ)。
例えば
今回も図書館スタッフが
素敵なPOPを作ってくださいました。
  • 気に入った本の参考文献に挙げられている本
  • 同じ著者の本
  • 関連するテーマの本    
などをたぐって、どんどん読書すること。

気に入った岩波ジュニア新書があったら、こちらの関連図書にも手をつけて、世界をどんどん拡げてほしいという趣旨です。まずは、本棚の前に立って、気になる本を見つけてください。スタートはそこから!

*高津先生による「「岩波ジュニア新書」で読む世界史のススメ」もぜひご覧ください。(14/07/01追記。)

*新学期にあわせて企画した「大学での勉強 キソのキソ」展示も引き続き、ブックウォールDで開催中です。プレゼンテーションの参考書やレポートの書き方の解説書などが並んでいるので、課題に取り組む時に手にとってほしいと思います。